スポンサードリンク


就職活動の悩み解決!就職活動の基本サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://findingemployment.blog87.fc2.com/tb.php/28-b86e32c2

-件のトラックバック

-件のコメント

[C32] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C33] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C35] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C36] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C40] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C41] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

就職活動の悩み解決!就職活動の基本サイトトップ >就職活動の基本 >>外資系就職について

外資系就職について

外資系企業への就職というと、格好の良さ、ステータス、高給、実力主義といったイメージがあると思います。まず外資系企業についてですが、通常、外資系企業とは外国籍の親会社が経営権を握っている会社のことを言います。

スポンサードリンク


100%外資の会社が多いですが、日本企業との合併の場合、外国企業が51%以上の株を持っているのが一般的です。しかし、51%以下でも外国企業に経営権を握られるケースもあれば、経営権は日本企業が握っている場合もあります。

また、M&A(Mergers and Acquisitions:企業の合併・買収のこと)により日本企業が買収され、ある日突然、外資系になる、という形も最近はテレビや新聞などの報道で接することも珍しくはなくなりました。

外資系企業で何より必要とされる英語力は、コミュニケーション能力です。TOEICのスコアなどよりも、実際に英語でビジネスができるかどうかという実務面が重視されると考えましょう。とはいえ、履歴書での選考段階ではTOEICスコアが高い方が有利なことは言うまでもありません。

外資系への就職では、企業によっては応募者に最低限のTOEICスコアを課すところもあります。例えばマイクロソフト株式会社マーケティング部の募集要項には「米国本社と密にコミュニケーションができる英語力を求める。目安としてはTOEIC 800点だが、コミュニケーションを円滑に取ることができれば点数は気にしない。」などとされている例もあります。このようにやはり実際のコミュニケーション能力が重要とされています。

外資系就職でのメリットは採用が実績主義で男女平等というところです。またデメリットとして役割や仕事内容を明確にして採用するため、募集要項で求められている要件を満たさない場合は書類選考の段階でボツにされます。即戦力となる人を求めるため、国内企業のような新人研修などはないと考えたほうがいいでしょう。実力勝負を試したい方には向いている社会です。
スポンサーサイト

スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://findingemployment.blog87.fc2.com/tb.php/28-b86e32c2

0件のトラックバック

6件のコメント

[C32] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C33] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C35] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C36] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C40] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C41] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。