FC2ブログ
スポンサードリンク


就職活動の悩み解決!就職活動の基本サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://findingemployment.blog87.fc2.com/tb.php/6-3819cdce

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

就職活動の悩み解決!就職活動の基本サイトトップ >就職活動面接 >>就職活動において最終面接を

就職活動において最終面接を

就職活動において最終面接を行うのは、主に役員や人事部長などです。中堅以下の企業などでは、社長自ら面接を行う場合もあります。この最終面接で判断されるのは、基礎学力や人間性、ビジネス能力、価値観、入社意欲の高さ、人望など、その学生の人格全てを判断されます。

スポンサードリンク


評価の方法としては、基本的には総合的に他求職者との比較評価になる傾向が強いです。志望者A君と志望者B君のどちらを採用しようか、誰と誰が会社で活躍してくれそうか、と学生同士を比較して選考されます。

最終面接で採用される求職者の条件としては、高いビジネス能力をもっている人材なのか・志望動機が明確に表現できていて入社意欲の高い人材なのか・活躍している社員とよく似たようなタイプの人材なのか・表情や態度が明るく好印象であるか、などが上げられます。

最終面接の一般的な評価項目としては、外見や立ち振る舞い、マナーなどが相手にビジネスマンとして好印象を与える人材なのか・ビジネスマンとしての適切な言葉遣いで会話できる人材なのか・志望動機がはっきりしていて、強い入社意欲が感じられる人材なのか・共に働きたいと思えるような人材なのか、などが最終面接での判断される項目となります。

最終面接まで到達する人は、基礎学力も人間性も志望意欲も一定の水準をクリアした「見込みのある学生」ということになります。その企業が求めているビジネス能力が学生に備わっているかを判断していきます。要するに「この学生は職場で活躍してくれそうか?」どうかを審査するのです。最終面接では志望動機とビジネス能力で合否が決まるとも言えるのです。
スポンサーサイト

スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://findingemployment.blog87.fc2.com/tb.php/6-3819cdce

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。